札幌市南区 ボイラーからチョロチョロ水漏れの音がする 2021年8月11日

本日はボイラーからチョロチョロと水漏れの音がする!とご依頼いただきました。

点検してみると、ボイラーの上についている「安全弁(逃し弁)」という部品から水道管の内部で水漏れして、その音がチョロチョロと聞こえる状態でした。ボイラー本体の故障ではありません。

安全弁とは規定値より水圧が高くなってしまった時に、その圧を逃がしてボイラー内の水圧を調整する役割の部品です。この安全弁は通常予備も合わせて2つ設置されいます。安全弁から水漏れの音がする場合は、安全弁が壊れているか、規定値以上の水圧が常時かかっているかのどちらかです。今回は安全弁の故障でした。

ボイラー自体はまだ10年経っていないもので問題なくお使いになっているとのこと。ですので、今回はこの安全弁の交換作業のみで対応させていただきました。

このように、ボイラーはいろんな所で水漏れするケースがありますので、点検してみないことには一体何が原因でどんな修理が必要なのか全く判断できません。

当社で修理できる部分もあれば、交換する部品が廃盤になっているケースや修理ではなく買い替えが必要なケースもあります。

そんなボイラーを安心して使っていただくためには、点検も必要です。ボイラーの寿命は10年と言われており、それ以上経っている場合は一度点検をしてみることおすすめします。人間で言う健康診断みたいなものですね。

今回交換した「安全弁」の他にも、逆に水圧を下げる「減圧弁」が故障して水漏れを起こしたり、周りの給水管からの水漏れも考えられます。水と電気と、ガス・灯油を使用する難しい機械ですので、異変があればまず我々のような専門業者にご相談くださいね^^!

安全弁_交換前
安全弁_作業中
安全弁_交換後

タイトルとURLをコピーしました