札幌市東区 トイレタンクの水の溜まりが遅い 2021年7月29日

料金についてはこちら!
【札幌で即対応!】トイレつまり水漏れの修理料金とサービス内容

本日は札幌市東区のお客様よりトイレタンクの水の溜まりが遅い!とご相談受け、対応させていただきました!

水の溜まりが遅いと、続けざまに水を流したいときに水量が少なく汚物やペーパーが流れていかない。水量が少ないことで詰まりの原因になる可能性もあります。いつまでも、チョロチョロチョロチョロ…とタンクに水が溜まる音が続くのも気になりますね。

タンクの中を点検すると、ボールタップという水を止めたり出したりする部品のフィルターにサビが詰まっているのが確認できました。

トイレに続く水道管が内部でサビており、それがボールタップのフィルターまで上がっていき目詰まりして水が出にくくなっていたというのが今回の原因です。

根本的に言うと、トイレに続く鉄製の水道管を交換する必要があります。

ただ、今回はトイレ自体も長くお使いになっているので、まずトイレ交換をすることとなりました。ちなみに、このトイレは30年ほど前の製品。トイレの寿命は10~15年ほどなので、30年はかなり長寿と言えます。いつ壊れてもおかしくありませんので、十分に交換するタイミングです。

お客様とカタログを見てお話しし、INAXのトイレに交換するととなりました。

決め手は2つ!

  • 当社で取扱っている商品で言うと、TOTOのウォシュレットのリモコンは便座横についていますが、INAXは壁に付けるタイプで、使いやすくお掃除がしやすい。
  • TOTOのトイレのフチレスは少し反り返しがあるのに対し、INAXは完全なフチレスであり、お掃除がしやすい。

お掃除のしやすさは大切ですね☆

今のトイレは便座はウォシュレットが付いておらず座ると冷たく、便座にフチがあるから掃除しづらい。といった部分を感じていらっしゃったので、かなり快適なトイレになったと思います。

トイレが丸ごと新しくなったため、フィルターのつまりも解消され、水の溜まりも早くなりました。

鉄管の錆があることは間違いありませんので、またトラブルが起こればすぐに当社がかけつけます!とお客様にお約束し、本日は終了致しました。

トイレタンクの水の溜まりが遅くなった。などの微妙な変化や違和感はトラブルの予兆である可能性もありますので、何か気になるところがありましたら気軽にご相談くださいね!

タイトルとURLをコピーしました