札幌 風呂修理 タイル風呂編

2020-02-19

2月6日から2月11日までは寒気で急な氷点下でしたね。

すごく忙しくてご対応できるまでにお時間を大変いただきました。

皆さんいつもありがとうございます!珍しいご依頼があったのでご実績報告とさせていただきます。

タイル風呂いいですよね!私も実をいうとタイルにヒノキ風呂が夢なんですが

なかなか高くて手が出せないでいます(笑)札幌市南区真駒内でのお客様宅での浴室でのトラブル

お風呂に入ると床のタイルが浮いていてパリパリと割れてきた。といった状況でした。

状況を見て寒波が来たこと タイルが割れたりはがれている部分が多くあったことから

私が推測したのは、シャワーを浴びてお風呂に入り湯気も出てその水分が割れたタイルの隙間に

しみこみ流れていき下地のモルタルが水分を吸い、その時のタイミングで寒波の寒さで凍結したと仮定

してみました。

そして、夜遅めの入浴だった事 朝方は冷え込むという事 昔のタイル風呂は寒いという事です。

水は氷ると体積が膨張する事は、皆さんどこかで体験していることかと思います。学校の授業で習った

という記憶もあるかと思います。

私がお伺いした時は、膨らみこそなくなっていましたが、タイルが剥離していました。

解かりづらいかもしれませんがこんな感じです。

 

お客様との話から浴室のリフォームか、タイルの張替えをしようという事になったのですが

まだまだ寒さの続く冬です。応急でいいから処置してほしいと申されましたので、

強力なアルミテープを工夫し貼ってみました。

職人目線というのは当然経験があるのでその結果が見えていることは確かです。ですから「どうせはがれる」「意味がない効果がない」などとよくダメになる結果をよく言います。ですが私は昔

からそのような思考にはなれなく、まずはやってみよう、それでもだめなら次考えよう!

といった性格なものですから 最初から「できない」「どうせまたなる」

というネガティブな発言には嫌悪感が出てしまうので、まずはお客様のご要望に対して結果がわかる事

でもお気持ちに納得のいく行動で最善を尽くそうと思い日々業務に努めています!

もしもお風呂のトラブルでお困りでしたら私たち 株式会社ライフライン を呼んでくださいね!