札幌市 水道 凍結

2019-12-12

今年は暖冬だ~。などと毎年耳にしています!同業者同士でもこの季節になると

ドキドキして、マイナス4℃を超えるような日々か続くと、「どう?凍結はいった?」

などと電話が飛び交っているんですよ!そんな電話が鳴り続け、氷点下の日が続く静けさのある早朝。

電話が鳴り響くと、・「台所のお水だけが出ないんです~。」・「お風呂の水と洗濯機の水と・・水だけ出ないんです。」・「朝は使えてたのですが、仕事から帰ると水もお湯も出ない!」・「水落ししたんですが数日家を空けていてお湯が出ない」・「元栓閉めたんだけど凍結したっぽいです。」

殺到してくる時期が、毎年あります。そんな時私たち水道屋さんは緊張感と集中力が同時に増してきます。体調管理を万全にして、出動準備をします。思いもよらず凍結の日々か続いたこともありました。

私たちライフラインは、緊急トラブルですがどのスタッフにもお客様の立場になって訪問するように心がけています。不安や不便を安心にかえる! あなたの家の水道屋さん として身近な親しさのある人間性を育てる企業です。

北海道でNo1の水道屋を目指しています。

お水は動いていると凍らないのですが、例えばマイナス8℃で水道を使用してない時間が、数時間あると凍り始めてきます。昼くらいまで使って家事が落ち着き夕食の支度までってきっとお水を使う事少ないと思うのですが、私的になぜ?この時間に凍結の入電があるのか天気や気温、時間帯を考察するとこれらのタイミングが重なった時に凍結してるのかな~などと思います。もちろん建物の状況構造にもよりますけどね><

札幌市西区のお客様で水が噴き出していると電話があり訪問してみると

噴水状態><。このようなポリエチレン管でも凍ると破裂してしまうのですね!

このようなトラブルでも「すぐに対応。すぐに修理」継手の交換で直りました。

分かりづらいですが印の部分が割れています。

パイプのひび割れ

 

 

 

 

 

 

 

 

下は破損したパイプを切断して継手を交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

任せてね。